色のない緑色の考えは曖昧に記述する

色のない緑色の考えは曖昧に記述する

本・ゲーム・映画等感想レビュー及び雑記

「デス・ストランディング」進行日記9 今日もマッツはイケメンパパです。

前回はこちら 2020/02/01 16日目 5章「ママー」ママー輸送~ ママーの開発によって、BTをこの世に繋ぎ止めている臍帯を切り取る武器を手錠端末に追加した新装備を得た。ママーはロックネとの繋がりを取り戻すための決心をしたようだ。この装備でママーと赤ん…

「デス・ストランディング」進行日記8 デスストに百合はあります

前回はこちら 2020/01/30 15日目 北中継ステーションへ出発~ 座礁地帯を車で走り抜けようとした。BTに引きずり降ろされ中型のBTと闘うハメになった。勿論それ自体は問題がない。ただし近くの廃倉庫に大量のセラミックが有ったため回収をしていたらBTが再び…

「デス・ストランディング」進行日記7 マッツの顔がとてもいい

前回はこちらから 2020/01/28 13日目 3章サウスノット・シティ復旧~クリフ戦終了まで サウスノット・シティ付近でカイラル雲の異変が起きているらしい。まずはそこに向かう。が、外に出た途端にイベントが発生して3章が終了した。サムは突風に巻き上げられ…

アニメ感想「ランウェイで笑って」を見て熱量を感じ人生を変えろ。

今私は週刊少年マガジンで連載中の漫画「ランウェイで笑って」のアニメ3話を見た。そしてその強烈な台詞をどうしても共有したい。この気持を、感情を、分かち合いたい。 まず「ランウェイで笑って」の説明から入ろうと思う。「ランウェイで笑って」は高校生…

「デス・ストランディング」進行日記6 プレッパーズ巡り

前回はこちらから グランブルーファンタジーのPVPイベント、古戦場に専念していたためしばらくデスストどころかPS4にすら触れていませんでしたが終わったので更新を再開したいと思います。 2020/01/17 10日目 3章時雨農場から 頑固な爺さんの次はジャンク屋…

作業のお供におすすめ映画・アニメ・ドラマ Netflix篇

前回の記事ではPrimeVideoで閲覧できる作業中にながら見できるおすすめの作品をおすすめした。記事の経緯等については前回の記事を見てもらいたい。今回は「Netflix」で2020/01/22現在配信されているおすすめの作品を紹介していく。Netflixは月額千円ほどだ…

作業のお供におすすめ映画・アニメ・ドラマ PrimeVideo篇

長時間の単純作業は動画・音楽・テレビ、そういったものをお供にすれば長時間での戦闘もより精神をすり減らさずにできると私は考えている。中でも今の御時世インターネットと少しの月額課金さえあればかなりの量のコンテンツが閲覧することが出来る。Amazon…

「デス・ストランディング」進行日記5 エクストリームピッツァデリバリー

前回の記録はこちらから。 2020/01/15 9日目 3章プレッパーのUCA加入後~時雨農場まで エンジニアへの指名無し依頼を行って親密度がマックスになった。親密度がマックスになるとそのシェルターで休憩ができるようになるらしい。 指名なし依頼を見ているとど…

「デス・ストランディング」進行日記4 サムの知らない住民たちの物語

前回の記録はこちらから。 2020/01/14 7日目 第三章「フラジャイル」プレッパーへの配達から プレッパーは、いやプレッパー達は私の考えていた存在とは大分異なっていた。彼らは私達の知る終末に備えシェルターを用意しているようなプレッパーではない。その…

「デス・ストランディング」進行日記3 サムVS中型BT

前回の記録はこちらから。 2020/01/12 5日目 前回の続き/2つ目の都市へ 前回は2つ目の街へと荷物を運べという任務を受けたところで終了した。今回はそこから再開するが中継センターへの時間制限がある配達依頼へと寄り道してから街へと向かうことにする。 BB…

百合=女と女の関係性 StrongもしくはWeak Yuri そしてさらなる根源

この記事を書くことになったには単純かつ深淵な経緯がある。ことの起こりはTwitterだ。 誰かSTRONG YURIとWEAK YURIに関して講義してほしい — ヵミュ (@camus_bdc) 2020年1月8日 そう、この一言からこの与太話は始まった。 大絶滅は実にweakでstrongだったよ…

小説紹介・感想「大恐竜絶滅タイムウォーズ」草野原々 

令和元年に生まれた怪文書=草野原々season2最終章「大絶滅恐竜タイムウォーズ」 以前に記事とした「大進化どうぶつデスゲーム」の続編に当たる作品です。当たってしまう作品です。それが「大絶滅恐竜タイムウォーズ」 前作の怪文書はこちらになります。冒頭…

「デス・ストランディング」進行日記2 初めての建設作業

前回の記録はこちらになります。 2020/01/05 三日目 二章 橋建設~風力発電施設まで+指定無し依頼をいくつか 橋の建設に着手した。どうやら特定のポイントに設置してあるカイラルプリターを利用して対岸に向けて橋を架けられるだけらしい。便利そうなもので…

小説紹介「大進化どうぶつデスゲーム」草野原々

平成最後の人類には早すぎた大怪作「大進化どうぶつデスゲーム」 デビュー作の短編「最後にして最初のアイドル」でハヤカワSFコンテスト特別賞、第48回星雲賞日本短編部門、第16回センス・オブ・ワンダー賞《未来にはばたけアイドル》(羽ばたくどころではな…

「デス・ストランディング」進行日記1 新世代お使いゲーム

デス・ストランディングを始めるに当たって毎回記録を残すことにした。まあ簡単な日記だ。シナリオや展開、装備や設定についてなど重大なネタバレを含むためそういう事柄が気になる方の閲覧は推奨できない。 2020/1/3 一日目 OP~一章序盤まで デス・ストラ…

小説紹介・感想「息吹」テッド・チャン

テッド・チャン「息吹」 2019年に刊行された中でも抜きん出た傑作どころか、10年代を通して見てもテッド・チャンの「息吹」は類稀なる完成度を誇る。多くのSFファンが絶賛する出来だろう。有名所だけでも「ヒューゴー賞」「ネビュラ賞」「シオドア・スタージ…

ゲーム紹介・感想・レビュー「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE」一瞬の油断が命取りの剣戟アクション

去年の年末にPS4を購入した。バンドルでソフトを2本DLできるコード付きのやつだ。それから今年はかなりの時間をPS4の作品のプレイに費やした。今年のゲームは豊作で素晴らしい体験ができた。その中でも特にイカした作品を紹介したい。個人的にも世間的にもベ…

映画感想「スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」ネタバレなし

スターウォーズEP7以降賛否両論の新三部作完結編「スカイウォーカーの夜明け」を見てきました。 結論から言うと新三部作はスカイウォーカーの物語ではありませんでしたこれはレイとカイロ・レンの物語ですたしかにEP1~6(以降旧作と表記)と地続きの物語では…

小説紹介「PSYCHO-PASS関連書籍1 一期ノベライズ・外伝小説ASYLUM」

未見向けの紹介としてアニメのPSYCHO-PASSは紹介した。そのノベライズとしてPSYCHO-PASSは漫画と小説が多数展開している。 漫画だと常守監視官が主人公でその視点で描かれたの一期の漫画版「監視官 常守朱」全6巻一期以前の標本事件以前の執行官落ちする前を…

書く予定、書きたい作品 もしくはおすすめ作品

とりあえず思いつく限りで書いているので後から増えたり減ったりするかもしれない。順番は関係ない。この中の作品はおすすめなので適当に選んで見たり読んだりしてもいいかもしれない。 いい作品は共有していかないと。そしてその感想も欲しい。 おすすめ作…

小説感想「裏世界ピクニック4」ネタバレあり

「空魚、好き。大好きだよ」 この作品にはSDP(空魚 大好きだよ ポイント)が導入されています。このポイントが高まると鳥子はより性的に空魚を意識します。このSDPは初版の帯に由来しているのですが第2版以降は廃止される予定のようです。SDP帯をお求めの方…

小説紹介・百合「裏世界ピクニック」検索してはいけないものを探しに行こう

検索してはいけないものを探しに行こう検索してはいけないものを探しに行こう検索してはいけないものを探しに行こう検索してはいけないものを探しに行こう検索してはいけないものを探しに行こう検索してはいけないものを探しに行こう検索してはいけないもの…

作品紹介「ファイトクラブ」人生最高の瞬間を味わえ

「ファイトクラブ規則」 第一条 ファイト・クラブについて口にしてはならない。 第二条 ファイト・クラブについて口にしてはならない。 第三条 ファイトは一対一。 第四条 一度に一ファイト。 第五条 シャツと靴は脱いで闘う。 第六条 ファイトに時間制限無…

小説紹介:「アステリズムに花束を」平成最後にして最大の百合小説アンソロジー

令和元年は百合元年です 令和元年は百合元年です 1つ目 2つ目 3つ目 収録作品目次 「キミノスケープ」宮澤伊織 「四十九日恋文」森田季節 「ピロウトーク」今井哲也 「幽世知能」草野原々 「彼岸花」伴名練 「月と怪物」南木義隆 「海の双翼」櫻木みわ/麦原…

映画感想「ペンギン・ハイウェイ」

PrimeVideoに森見登美彦原作の「ペンギン・ハイウェイ」が新しくラインナップされた。 当時純粋だった私にとっては学生時代に刊行されたお姉さんと少年のペンギンを巡る不思議な物語だったのだが映像として見ると感想がかなり異なるものとなった。 「これと…

未見向け紹介:PSYCHO-PASSを見て色相を浄化しよう

ブレードランナーやニューロマンサーのような疾走感のあるSFの刑事ドラマ作品のアニメが攻殻機動隊以降にあっただろうか?私はそういった作品を知らない。いい線を行っているところであると「TIGER & BUNNY」と答える人も居るだろうがあちらはどちらかという…

ペルソナ5 ザ・ロイヤル レビュー

P5Rは完全版ではなくもはやフルリメイクとも言える出来だった P5Rをクリアした。基本的なシナリオ面は既にP5の時点で完成していて私はそれを既にプレイ済みだったので実質引き継ぎなし二周目になる。なのでギミックやシナリオ面は追加要素の3学期まではあま…

映画感想「JOKER」

最初の投稿を「アステリズムに花束を」にするか「なめらかな世界と、その敵」にするか悩んで早一週間。結局出した答えは記憶が風化しないうちにJOKERのことをネタバレ抜きに……とも思いましたがネタバレになるようなことは実質無かったので終盤のアレに触れな…