色のない緑色の考えは曖昧に記述する

色のない緑色の考えは曖昧に記述する

本・ゲーム・映画等感想レビュー及び雑記

サイバーパンクプレイ日記:ナイトシティでの暮らし7終

ジョニーと少し話をした。あいつはオレに手を貸してくれる代わりにローグの目の前でスマッシャーを打ちのめしてくれと頼んできた。オレとアイツは既に一蓮托生だ。オレはアイツがオレのために消えてくれる代わりとしてそいつを受け入れることにした。 ただし…

サイバーパンクプレイ日記:ナイトシティでの暮らし6

パナムが戦闘機バシリスクの払い下げ計画を見つけたと連絡を寄越してきた。 パナムはそいつを横取りする気だ。 計画は簡単だ、バッドランズを輸送しているトラックを列車と車を用いて封鎖し強襲しトラックを奪うだけだ。 頭数もそれなりにいる。なんとかなる…

サイバーパンクプレイ日記:ナイトシティでの暮らし5

外からナイトシティに戻る途中、パナマから連絡が入った。何やら緊急事態らしい。 連絡を受けすぐにパナマのクランに駆けつけるとソウルというクランの仲間がクランの敵に捕虜にされているようだ。救出の報酬として上物のスナイパーライフルを提示された。 …

サイバーパンクプレイ日記:ナイトシティでの暮らし4

フィンガーズを探してジクジクストリートにやってきた。 フィンガーズのドクのところには先にジュディーが来ていた。本当に友達が心配なんだな。いい子じゃないか。 フィンガーズに少し質問をさせてもらった。 どうやらこのヤブ医者はタイガークロウズから金…

サイバーパンクプレイ日記:ナイトシティでの暮らし3

今のオレにはたくさんの選択肢がある。 一つは頭の中のジョニー・シルヴァーハンドをどうにかすること。 一つは前と同じようにフィクサーからの依頼を受けて少しずつ栄光の階段を上がっていくこと。 もう一つは、デカイヤマに取り掛かって一気に大物になるこ…

サイバーパンクプレイ日記:ナイトシティでの暮らし2

昨日助けた彼女からウイルスを貰ったらしい。どうにも調子が悪い。 ジャッキーのおすすめのドクとやらに会いに行くことになった。 ジャッキーに会うと彼はアジアンヌードルを呑気に食っていた。 サプライズがあると昨日言っていたことを思い出し彼に尋ねると…

サイバーパンクプレイ日記:ナイトシティでの暮らし1

クランが解散しノーマッドでなくなりオレはこれから相棒になるジャッキーから密輸の依頼を受けた。 税関で職員に賄賂を渡し切り抜けたと思ったが間違いだった。野郎どもは賄賂を貰った上でセキュリティに通報しやがったんだ。とんだ腐れ税関だ。 税関を抜け…

小説紹介・感想:十三不塔「ヴィンダウス・エンジン」止まった物が存在しない世界

君は「サイバーパンク」というジャンルを知っているだろうか?「ニューロマンサー」「ブレードランナー」「攻殻機動隊」「MATRIX」「マルドゥックシリーズ」などの「サイバースペース」に自身をAIのようにアクセスして手足のように駆け回ったり肉体を機械と…

ゲーム感想・レビュー「ゴースト・オブ・ツシマ」武士の誉と蒙古と冥人の業

ソニー傘下のゲームスタジオ「Sucker Punch Productions」から待望の作品が発売された。「ゴーストオブツシマ」だ。私は発売日にパッケージ版を購入し約1週間でトロコンまで辿りつけた。おおよそ50時間もあれば寄り道をしながらでもクリア自体は可能だろう。…

小説感想・紹介:野崎まど「タイタン」今日も働く人類へ・働くとはどういうことか

2020年4月に発売されたタイタンを読むことに備えて過去の野崎まど作品を予習してきた。メディアワークス文庫のアムリタシリーズ、Knowだ。 「[映]アムリタ」から「2」までの一連のシリーズでは野崎まどの独創性とユニークさ、そして正解するカドやバビロン…

小説紹介:野崎まど「Know」

別に野崎まど週間というわけではないもののここのところ「[映]アムリタ」に始まり最新作の「タイタン」とひたすら野崎まどを読んでいた。 今回の記事の「know」は「タイタン」を読む前に読んでおくと野崎まどのSF感を知る助けになるだろう。何より純粋に面…

2020年になってようやくPS4でDark Souls3をプレイした感想

誕生日にフォロワーに対して欲しいものリストでわがままなおねだりをした。仲のいいフォロワーからカップヌードルのアソートとDark Souls3完全版が届いた。 Dark Soulsというのはフロム・ソフトウェアが開発したソウルシリーズの最終作でゲーム界隈ではソウ…

小説感想「マルドゥック・アノニマス5」ネタバレあり

今まで刊行されたものでもそうだったけれど バロットの精神が成熟してる(尊い) バロットが自分と似た境遇の子に恵まれない環境から抜け出せるように手を差し伸べたり、正しい道を示したりお姉ちゃんをしていたりマジで尊い。 1-3はイースターズオフィスが…

小説紹介:冲方丁「スプライトシュピーゲル」

シュピーゲルシリーズについて スプライトシュピーゲル 登場人物 鳳(アゲハ)・エウリディーチェ・アウスト 乙(ツバメ)・アリステル・シュナイダー シュピーゲルシリーズについて ※この項目はオイレンシュピーゲルと同様の内容です。冲方丁による複数の出…

小説感想・紹介:野崎まど「2」野崎まどのメディアワークス文庫作品集大成

前提作品の記事はこちら 野崎まど ある日メディアワークス文庫の野崎まど作品新装版がKindleのセールで半額近い値段になっていた。私は何の迷いもなくそれを購入した。既読作品もあれば未読作品もあった。だが私は一部の作品を読んだだけで読んだつもりにな…

小説紹介:冲方丁「オイレンシュピーゲル」なんか世界とか救いてぇ……

シュピーゲルシリーズについて オイレンシュピーゲル 登場人物 「涼月・ディードリッヒ・シュルツ」 「陽炎・サビーネ・クルツリンガー」 「夕霧・クングンデ・モレンツ」 「吹雪・ペーター・シュライヒャー」 「ミハエル・宮仕(ミヤシ)・カリウス」 最後…

小説感想・紹介:野崎まど「[映]アムリタ」

野崎まど 野崎まどという小説家を知っているだろうか?2009年に電撃小説大賞に新設されたメディアワークス文庫賞を受賞し新設されたメディアワークス文庫からデビューした作家だ。彼女は一作目からその悪魔のような才能を存分に発揮し、電撃文庫ではそのユー…

小説紹介・感想「2010年代SF傑作選1」

「2010年代SF傑作選」について 掲載作品 小川一水「アリスマ王の愛した魔物」 上田早夕里「滑車の地」 田中啓文「怪獣惑星キンゴジ」 仁木稔「ミーチャ・ベリャーエフの子狐たち」 北野勇作「大卒ポンプ」 神林長平「鮮やかな賭け」 津原泰水「テルミン嬢」 …

映画感想・レビュー「X-MEN:ダーク・フェニックス」

X-MEN:ダークフェニックスとは ダークフェニックスのあらすじ 主要な登場人物 X-MEN:ダークフェニックスとは 2000年から続く20世紀FOX制作のX-MENシリーズの最終となる作品です。X-MENシリーズには大きく分けて3つの作品ラインがあります。1つ目は初期1・2…

映画感想・紹介「スパイダーバース」オーケーもう一度だけ説明しよう

この物語はピーター・パーカーからマイルス・モラレスへの継承の物語だ。スパイダーマンの映画作品にはサム・ライミ版三部作、アンドリュー・ガーフィールド版の二部、MCUのトム・ホランド版現行メイン作品2作と色々あるが共通するのはどれも実写でスパイダ…

小説紹介感想・百合「ツインスター・サイクロン・ランナウェイ」ガス惑星巨大ロケット百合

「アステロイドに花束を」に掲載された小川一水の短編、「ツインスター・サイクロン・ランナウェイ」が長編作品として3/18に刊行された。短編の時点でさえ濃密な世界観に強烈な百合だった本作は長編として編み直されよりその世界観を広げ密度を増し、より破…

ゲーム感想・プチレビュー「スターウォーズ ジェダイ:フォールンオーダー」

グラブルで古戦場をしたりデスストを延々と進めたり古戦場をしたり仮面ライダーを見たりしていて始める機会を逃していたジェダイ:フォールンオーダーを初めて終えたので軽くレビューしていく。 ジェダイ:フォールンオーダーとは ジェダイ:フォールンオー…

仮面ライダー/平成ライダーの個人的な総括 初見への平成ライダーのおすすめ

グラブルの古戦場期間中に未見だったエグゼイド(外伝含む)とビルド(グリス外伝以外)をコンプリートしたため平成ライダー感想や個人的ランキング、紹介を含めた総括記事を書くことにした。平成ライダーは多くの作品がPrimeVideoやNetflix、Huluで視聴が可…

ゲーム感想・レビュー「グランブルーファンタジーバーサス(GBVS)」初心者でも安心コマンド技が1ボタン

覇権ソシャゲとして君臨し続けゲームの開発運営だけではなく様々なテレビや競技、大会のスポンサーを務めるCygamesの送る「グランブルーファンタジー」、そのコンシューマー作品として「グランブルーファンタジーVS」が2/6にリリースされた。発売日に購入し…

ゲーム感想・レビュー「デス・ストランディング」点と点を繋ぎ世界を繋げ

メタルギアソリッドシリーズの「小島秀夫」がコナミから独立し、自身のスタジオを作り制作したゲーム一作目。それが今回の記事の「デス・ストランディング」です。 作品としては単純でこれだけを書くとつまらなさそうなのですが、ゲームをよくやる人はあまり…

「デス・ストランディング」進行日記13 最終回 大絶滅人類ストランドウォーズ

前回はこちら 2020/02/18 21日目 12章「ブリッジズ」クリフ戦後ポートノットシティ~ クリフ戦後東側のポート・ノットシティに到着していた。ここからキャピタル・ノットシティまでは国道が無く現在はカイラル通信を利用することもできないため装備の補充も…

「デス・ストランディング」進行日記12 VSヒッグス・クリフ

前回はこちら 2020/02/17 20日目 9章「ヒッグス」エッジノット・シティに向かい最後のカイラル通信を復旧~ 前回はタール地帯を渡って西配送センターへと辿り着きヒッグスと会話し、配送センターを復旧するところまで進んだ。 配送センターを抜けエッジノッ…

「デス・ストランディング」進行日記11 ビッグファイブとビーチ

前回はこちら 2020/02/12 18日目 8章「ハートマン」臍帯付きアンモナイト探し~ 無事に古生物学者のもとへと反物質爆弾を配送することができた。道中は何もなく坂道が続いているだけの雪道だったので安定した足取りでブツを配送することが出来て一安心だ。 …

「デス・ストランディング」進行日記10 国道の完全復旧と生と死を繰り返す男

前回はこちら 2020/02/05 16日目 7章「クリフォード」クリフ戦後~ 前回のスーパーセルに巻き込まれた際にデッドマンが居た場所にデッドマンが装備を落としてきたらしい。それを回収する依頼だ。他にメインで進行しなければいけない依頼はあるが先にこちらを…

ゲームレビュー:「アークナイツ」終末系SF獣耳タワーディフェンス

今回はスマホゲームの「アズールレーン」を運営するYostarの新たに始動したスマホゲー「アークナイツ」を紹介させていただきます。まずはこちらを御覧ください。 はい。量産型ソシャゲとかに多い無駄な露出が少なく統一感のあるキャラクター達に獣耳そして大…